さまざまなタイプのスキーバス

###Site Name###

スキーバスというと格安というイメージが強いですが、格安のスキーバスは大抵サービスがあまりよくありません、そもそもサービスが十分行き届いているとすれば格安設定をすることが出来ないからです。また居住性も問題があることが多いです。

スキーツアーに関するご質問を解決いたします。

狭いバスの中で4列シートは結構厳しいです。
4列シートで問題ないのは2時間程度の乗車の時です。
人によっては3時間程度乗車していても映画館で少し時間が長い映画を見るような感覚で座っていられる人もいますが、大抵は3時間経つ前に腰をやられてしまいます。

スキーバスの場合には、深夜出発便であればそれが明け方まで続きます。



トイレのないバスであればサービスエリアで休憩をしますが、それでも5時間か6時間の間バスの座席に拘束されるにはかなり厳しいです。
ですが、最近は3列シートのスキー場へ行く高速バスもあります。

3列シートが設定されているのは従来夜行バスなどになりますが、スキーバスでも深夜出発便のバスのな間は3列シートを設定しているバスがあります。

ただし、数は少ないですので、行きたいスキー場へ行くバスが3列シートを設定している可能性はそれほど高くはありません。
居住性を求めて4列シートのバスでも1人で2人分の席を使うことが出来るプランがあります。


繁忙期などは難しいですが、それほど乗客がいないときには追加料金を少し支払って、隣同士で2席を利用することが出来るのです。

もちろんそのようなプランもまだまだ少ないのです。

こだわりの高い教えて!goo関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

PAGE TOP