日帰りスキーは朝発と夜発がある

###Site Name###

スキーへ行くのも便利な時代になりました。

スキー場まで遠い東京都心部や首都圏、あるいは大阪でも、割と短時間い行くことが可能になります。

一昔前なら、スキー場へ行くには必ず1日は宿泊しないと無理がありましたが、最近は日帰りスキーが流行っています。日帰りスキーは前の日の深夜に出発して翌朝早い時間に到着するパターンと、当日の朝早い時間に出発して、朝の7時から8時頃には現地に到着するパターンがあります。

日帰りスノボに関する予備知識の情報が満載です。

では、両者のうち、それぞれどちらを選ぶべきでしょうか。

まず、深夜発の場合には、少し遠いスキー場が設定されていることが多くなります。

もし、高速バスで3時間程度で行けてしまうスキー場であれば、深夜の2時頃に到着をするため、明け方まで寒い中スキー場の前で待っていなければならないからです。



そこで、6時間ぐらいかかるスキー場を選択します。

途中休憩を含めて7時間ぐらいの場所が選ばれることが多くなります。
例えば、首都圏ならば山形県や宮城県なのです。

livedoorニュースの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

この点、北海道や青森県まで行く便はほぼありません。

なぜなら、9時間から10時間はかかってしまうからです。

到着する時間が朝の10時頃で悪くはありませんが、帰りが相当厳しい時間設定になるからです。

もし、遠くのスキー場へ行きたければ深夜出発の便がいいでしょう。反面、日帰りスキーでもその日の朝5時頃出発して、スキー場へ着くのが8時ぐらいのパターンもあります。時間を有効に使えますが、早起きが辛いところです。

PAGE TOP