スキーバスとリクライニングと

###Site Name###

スキーバスに乗る時、考えておきたいのがリクライニングのマナーです。
長時間バスに乗るのだから、リクライニングは当たり前と考える人もいますが、前の人が座席を倒すと、後ろの席の人は圧迫感を感じる事になります。


断ってから倒せば問題ないと考える人もいますが、倒さないで欲しいと返事をしにくく、後ろの人が我慢をし続ける事になる事も少なくありません。

All Aboutは絶大な支持を受けています。

その為、リクライニングが原因のトラブルは珍しくありません。



4列シートの場合、就寝時に全席が座席を倒すように指示を与えてくれるバス以外は、リクライニングは積極的には使わない方がおすすめです。

それに対して、リクライニングが使いやすいのが3列シートのスキーバスです。

3列シートといえば、座席の横幅が広くてゆったりしているというイメージを持つ人も多いでしょう。
ですが、横幅だけでなく、前後の間隔もゆったりとしている事が多く、リクライニングを倒しても、それ程、後ろの人に迷惑をかける事はありません。

更に、消灯時間になれば、リクライニングシートをしっかりと倒して、ゆっくりと眠る事が出来ます。
前後の間隔が広いので、足も伸ばしやすく、しっかりと体を休めた状態で移動をする事が出来ます。
スキーバスに乗る時、リクライニングを利用して少しでも体を休めたいと考えるのであれば、通常のバスよりも、ゆとりのある状態で作られているバスを選ぶようにしておく事がおすすめです。


それにより、トラブルが少ない状態で、リクライニングを利用する事が出来ます。

スキーツアー情報のことならお任せください。

PAGE TOP